• HOME
  • 建設業許可のメリット

建設業許可のメリット

 
建設業では、建設業許可を取得した場合、請負金額に制限がなくなるという大きなメリットがあります。建設業許可を取得していない場合、500万円に満たない軽微な建設工事しか請け負うことが出来ませんが、建設業許可を取得していることにより、請負金額に制限がなくなり、大きな額の工事も請け負うことが可能になります。

また、建設業許可を取得していることにより、公共工事の入札をすることが可能になったり、社会的な信頼度が向上し、元請企業からの受注がしやすくなるだけでなく、金融機関からの融資が受けやすくなるなどのメリットがあります。
 
(参考)建設業許可を取得するメリットとデメリット
メリット デメリット
・請負金額500万円以上の工事も施工することが可能
・公共工事の入札などへ第一歩になる
・元請業者さんからの信用につながる
・融資などを受ける場合の信用につながる
・5年に1度、建設業許可の更新手続きをしなければならない
・決算変更届をはじめ、様々な変更届の提出が必要


建設業許可を取得していない企業様は是非、取得していただき、
新規顧客の開拓と、企業規模の拡大を計りましょう!

当事務所に関する詳しい内容はコチラ

ImgTop3.jpg

事務所紹介

無料相談から完了までの流れ

専門家紹介

アクセスマップ

当事務所の特徴

トップページへ戻る